2014年05月02日

50年の時を経て

PAPER KNIFE.jpg

店頭でひときわ目立っているのがコチラ、ペーパーナイフソファです。
このシリーズ(通称:ペーパーナイフ)のオリジナルは、デンマークのカイ・クリスチャンセン氏(1929年〜)のデザインによるもので、1956年の発表当初は、シリーズ121という名称で、デンマークのマグナス・オルセン社という木工所でチーク材とパリサンダー材の2種が生産されました。
これまで長年のあいだ生産中止の状況がつづく中、ヴィンテージ品が北欧家具ファンのあいだでわずかに出回っていただけだったのですが、約半世紀の歳月を経て、カイ・クリスチャンセン氏と日本の宮崎椅子製作所とのあいだでワークショップが行われ、ペーパーナイフ・シリーズやNo.42チェアの正規復刻品の生産が実現しました。
彼はその製造工程、椅子の仕上がりなど全てにおいて宮崎椅子製作のペーパーナイフソファを認めています。
北欧家具デザインの地位向上、そして地位確立にウェグナーらと共に尽力したカイ・クリスチャンセンが認めた現在のペーパーナイフソファ。
ぜひとも店頭でその座り心地を体験してください。

臨時休業のお知らせ
5月は社員研修の為、定休日の木曜に加えて14日(水曜日)もお休みさせて頂きます。


posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お得なメルマガ会員募集中
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。