2017年04月12日

有明海の至宝

IMG_3526.jpg


レジ前で開催している恒例のPOP-UP STOREです。
今回は有明海の「のりかけ」と「炊きのり」。
これ美味しいんですよー。

まず「のりかけ」は味が3種類。「鯛」「明太子」「梅」
オススメはやっぱり「鯛」。
ふりかけとしてそのままご飯に掛けてもいいですし、お茶漬けのモトとしても美味しく召し上がって頂けます。
プチギフトにも最適ですよ。

IMG_3525.jpg


それから「炊のり」。こちらは「かつおごま入り」「唐辛子入り」の2種類。
こちらは固さの違う数種類の海苔を手作業でちぎって、層になるよう丁寧に炊き上げています。
海苔のイメージを変える食感と濃厚な味わい。
そのまま佃煮みたいに食べてもいいし、オムレツやコロッケの具材にすれば料理の幅も広がります。
海苔を知り尽くす漁師から生まれた、有明海・江の浦の浜料理なのです。

〜なぜ有明海の海苔が美味しいのか〜
福岡、佐賀、長崎、熊本と4県をまたぐ有明海は、九州最大の河川・筑後川をはじめ、有数の流入河川を誇ります。
阿蘇山や耳納山地、大分の九重連山など、多くの山々から湧き出す水が、森の恵みをたっぷりと蓄えながら、注ぎこんでいるのです。
干潮時は何キロも続く干潟が現れ、独自の生き物たちが生息しています。
干潟の泥は田畑の肥料として使われるほど栄養を含んでおり、まさに有明海は自然の宝庫、「奇跡の海」と言われています。
海の干満差は、最大6m。満潮時、冷たい海水の中で海苔は栄養を生み出します。
そして、干潮時には海面に顔を出し、太陽の光をいっぱいに浴びて、栄養とおいしさを閉じ込めます。
そうして育った海苔は、旨味も栄養も最大限に残した有明海の味そのものです。
森と太陽と海に育てられた、自然の甘みと潮の香りをご賞味ください。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448864123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お得なメルマガ会員募集中