2017年07月05日

D22 CHAIR REPAIR

IMG_3989.jpg


家具は永く使っていただきたいもの。
そう考えるアクタスはリペアにも力を入れています。
今回は十年以上前にドイツのTECTA社のチェアを購入頂いたお客様からのご依頼。
店頭でも人気のB20チェアやこのD22チェアはプラスティックコードを編み込んで座面を形成している為、非常に座り心地が良く、また使用していくうちに自分のお尻の形に変形しフィット感のあるチェアになります。
一方、プラスティックという素材の特性上、日光などで経年劣化し、平均的には10年ほど(環境による)で徐々にひび割れが生じてきます。

IMG_3987.jpg


こちらはひび割れ始めて相当使用した結果。コードが切れ始めています。でもご安心を。
実は座面だけ交換できるのです。
まずこのように座面をゴムづちで叩いて外します。

IMG_3991.jpg


このように簡単に外れますので、この部分だけドイツから取り寄せます。
意外と安いんですよ、座面だけだと。

そしてはめ込んで叩くだけで完成。
IMG_3990.jpg


きれいに新品になります。
これからまた、15年ぐらいは大丈夫でしょう。

そして元の場所へ。

IMG_3984.jpg


ぜひこれからも末永くお使いください。
皆様ももし昔アクタスで買った家具で直せないかなと思っているものがありましたら、ぜひ一度お問い合わせくださいませ。

またこういった将来のことも考慮に入れながら家具選びをしてください。
好きな家具は一生使用して頂きたいのです!



posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お得なメルマガ会員募集中
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。