2017年11月24日

愛らしい「トラフズク」

梟2.JPG

これまでのフクロウの個体とは異なりめずらしい、クリアなボディが特徴です。
昼間は日中の光が当たる場所で、夜はキャンドルのあかりのもとで、一日を通して異なる表情を見て楽しむことができます。
愛らしい瞳と長く凛々しい眉もどこか愛嬌を感じさせてくれます。
オイバ・トイッカのバードは、単なる造形品ではありません。これら鳥たちの形は、あるものは自然からインスピレーションを得て、またあるものは彼の心の中で生まれたものです。
1つ1つの鳥が性格を持ち、異なった物語を語ってくれます。
また、すべての鳥は手吹き技法で作られているので、ひとつとして同じものはありません。

ちなみにトラフズクとはこんな鳥。フクロウ目フクロウ科トラフズク属に分類される鳥なんだそう。
torafu78.jpg

で、怒るとこう。

l201302041000.jpg

いや愛らしすぎますねえ。

で、実際のガラスのバードに話を戻しますと、
梟.JPG

個人的にはこんな感じで暗めの照明で寝室にも合うと思います。
テーブルライトの灯りに照らされたバードを見ながらホッコリ眠りにつきませんか。


posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
お得なメルマガ会員募集中
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。