2016年11月04日

STREAMLINE LIMITED EDITION

STREAMLINE.jpg

アクタス人気No.1ソファ、アイラーセン社の「STREAMLINE」のレザーモデルが入荷しています。
JUMBOレザーという極上のレザーを使用した数量限定アイテム。
すでに何台か売約しておりますが、まだ若干数残っております。
サイズも幅190cmと手頃な大きさですが、アームが細い分座面の広さは充分に確保されています。
その座り心地はもちろんのこと、レザーならではの高級感とその圧倒的な存在感をぜひ店頭でお確かめください。

売り切れ次第終了致します。


posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

アルヴァ・アアルト

やまPです。

ずっと円形のダイニングテーブルが欲しくて悩んでいたのですが、良いものが見つかりました!
IMG_3921.JPG
アルヴァ・アアルトのA90ダイニングテーブル。

名作スツール60をそのまま大きくしたデザインでシンプルでいて一目でアアルトデザインと分かるLレッグがカッコ良いです!

私が欲しい黒のリノリウムの天板は注文したら5カ月もかかるのですが、待ってる間も楽しみですね〜。(ナチュラルだともっと早く来るみたいです。)

また届きましたらこちらで発表させて頂きます!楽しみだな〜



posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

Drop Chair

DROPPPPPPPPPPPPPP.jpg

「To Nordic」期間中は普段見れない北欧のマニアックなチェアも展示しています。
写真のドロップチェアは、デンマーク/コペンハーゲンのSASロイヤルホテル建築のプロジェクトとして、アルネ ヤコブセンがエッグやスワンとともにデザインしました。
ドロップチェアはホテルで使用する約200脚を製造したのみで、その後、一度も製造されることはありませんでした。それが昨年ついに復刻されました。
このドロップチェアもともとは女性の化粧台の椅子として作られたものです。
今もなおコペンハーゲンにあるラディソンSASロイヤルホテルの606号室にあるヤコブセン・スウィートには
エッグチェアとならんでドロップチェアが置いてあります。
実はフォレスタスタッフ5名中、北欧バカの2名がヤコブセン見たさに、このラディソンSASロイヤルホテルのヤコブセンスウィートに宿泊したことがあるという.....←ホントです。

そして50年以上の深い眠りから目覚めようやく復刻を果たしたドロップチェア。
オリジナルの布やレザーのフルパディングに加え、美しい色合いのプラスチック仕様も加わって復刻されましたが、座り心地を考えると断然フルパディング(ウレタンを入れて布や革を張ったもの)をオススメします。
ぜひ店頭でご覧ください。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

BEVELコートハンガー

BEVEL.jpg

春に向けて新作が続々入荷しております。
その中でも今回紹介するのは「BEVEL」シリーズ。木部の質感重視です。
子供家具等でも良く見られる「アルダー材」を使用しておりオイル仕上げのアイテムです。
アルダー材は、カバノキ科の広葉樹で日本に自生している木ではハンノキに近い気質を持っているアメリカ太平洋西海岸地域の代表的な広葉樹。
比較的柔らかく加工しやすいので家具の材料として昔から親しまれている素材です。
他の木材に比べて密度が低く、質量が軽いのが特徴です。
アルダー材をオイル仕上げにすることで、表面に膜を張るウレタン塗装と違い、家具を触った時にその木肌の気持ち良さを実感できるとともに、前述の木材の柔らかさを研磨して修正出来るという強みに変えています。
つまり柔らかいが故に敬遠されがち(どのメーカーのアルダー材も柔らかいので注意が必要)ですが、そのままじっくり使用して、かなり使い込んだ後、サンドペーパーなどで研磨して再度オイルを塗り込みキレイに仕上げる事が出来るのです。

で、そのBEVELシリーズの中でも今回の写真はハンガー。
ハンガーと言っても使い方は多種多様で、写真の様にキッチン近くに置いてエプロンやミトンをハンギングするもヨシ、リビングに立てかけてグリーンをハンギングするもヨシ、子供部屋において帽子やバッグをハンギングするもヨシ。
とにかくリーズナブルで使い勝手のいいアイテムなのです。
BEVELシリーズはダイニングもミラーもありますので是非店頭でご覧下さい。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

MEZZOデスクとスタイリングの話。

MEZZO.JPG

人気のMEZZOデスクシリーズです。
写真は先日の積水ハウスさまシャーメゾン内覧会でフォレスタがスタイリングさせて頂いた時に撮ったもの。
この模様は後日スタッフがブログにあげますのでお楽しみに。
奥行きと長さをサイズオーダーでき、しかもレッグユニットもバリエーションが多い国産シリーズ。
素材も写真のウォールナットを始め、チェリー、アッシュなど様々な樹種をチョイス出来ます。
最近では大人用としてだけではなく、子供用デスクとして購入される方もいらっしゃいます。
非常にシンプルなデスクが故に、スタイリングのしがいがあるというもの。
まずはブルーを基調にDSR(イームズチェア)のピーコック色を合わせ、HAYの中間色のボックスでアクセント。
ボックスの一番上にはリサラーソンのチビブルドッグ。
STUDIO Khiiさんのバインダーや活版印刷のポストカードなど素材感のある物を配して、お約束の北欧定番アイテムDESIGN LETTERSとスタッフ私物のステーショナリー。
ジェイク・ダイソンのデスクランプを合わせてスタイリング出来上がり。

あっ、そうそう。
今店頭ではある程度家具を購入いただいた方に、こんな感じでスタイリングのプロが部屋を丸ごとスタイリングして5万円分プレゼントする企画を開催中。←詳細は店頭にて(3/30までだから急げ!)
庭工房さんのグリーンやらHAYの小物やらを使って、インテリアもグリーンも建築も北欧も飛行機もエヴァンゲリオンも好きなスタッフがスタイリングしますのでぜひぜひお任せ下さいー。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

アートピース

PICT0001.jpg


無限を現すインフィニティ・ループをレッグに象った“INFINITY”。
2009年に発表されるや、一躍ポラダを象徴するモデルとなったこのシリーズのリビングテーブルがようやく入荷しました。
INFINITYの印象を決定付けるレッグの造形は、ウォールナットの無垢材を贅沢に使って削りだされたパーツをフィンガージョイントで接合して作り出すという手の込んだもので、この製造を行えるのは、ポラダのなかでもマエストロと敬意を込めて称される卓越した職人に限られています。
ポラダ社の技術の粋を結集して作り出された、まさにアートピースと呼ぶに相応しい逸品です。

上から見るとこんな感じ。
Infinity%20tavolino%20pic%203.jpg

どこがどうなってるのかよく分からくなるぐらい複雑で精巧に作られています。
ぜひ現物を店頭でご覧ください。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

GATSBY SOFA ~eilersen~

GATSBY.jpg

人気のデンマークはアイラーセン社の新作ソファです。
今までのアイラーセンのソファと言えば羽毛100%のカッチリした座り心地が定番でしたが、今回は今までとは一味違います。
あえて柔らかめに製作されており、その包まれるような座り心地が魅力のソファです。
また肘掛近くの分厚いアームクッション、背クッションが特徴で、カチッと座ったり、ラフに斜めに座ったり、寝転んだり、体育座りしたりといろんな態勢にも沿うようになっています。

ここで店頭でソファに座る時の注意点をひとつ。
お客様は店頭でソファに試し座りをする際、姿勢よく座って座り心地を確かめます。
間違いではありませんが、実際家でソファに座る時ってどうでしょうか?
例えばソファの端っこに座り、ちょっと斜めになってテレビを見たり、ひとりの時なんかはすぐに横になったりもします。
こういった日常を想定しながら、店頭でもいろいろな態勢でお掛けいただき、背当てのクッションやアームクッションの位置を変えながら自分にしっくり来る座り心地のソファを探していただくのがいいと思います。
そうするとオットマンやヘッドレストの必要性も見えてきます。

あと、ソファを選ぶ上で注意すべき点は2点ほどあるのですが、それはまた店頭にお越しいただいたときにスタッフからお話させていただきます。
ぜひぜひ参考にしてみてください。
posted by foresta at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

人気のラウンジチェア

IS.jpg

Inoda+Sveje(イノダ・スバイエ)デザインのISラウンジチェアです。
NCルータの機能をフルに活用して削り出した有機的な曲線を持つアームを、 シンプルな形のフレームに組み合わせています。
角度の深い後傾の姿勢、ゆったりとしたサイズとクッション性で、くつろぎの座り心地が得られます。
フォレスタでも非常に好評で、発売以来の人気アイテムです。
様々な樹種(木材)や張地で製作できるのですが、圧倒的人気はコチラのウォールナットフレームにブラックオイルレザーの組み合わせ。
見た目もさることながら抜群の座り心地と、有機的なアームの触り心地。
とにかく店頭で一度腰かけてみてください。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

世界限定300台

3107.jpg

アクタス創業50年を記念して、アルネ・ヤコブセン代表作「セブンチェア」の限定復刻カラーが登場。
世界限定300脚が入荷しております。
1955年に発売されて以来、今も全世界で親しまれている20世紀の名作椅子「セブンチェア」。
50年前に実際に展開していたラインアップより、アクタス限定復刻版として、本体は北欧らしいブルー、脚は本体のカラーに合わせて特注の光沢を抑えたブラス色を採用。普遍的なデザインとカラーで、どのような空間にもなじみます。

シリアル.jpg

そして座面裏のロゴも当時のフリッツハンセン社のロゴマーク。
シリアルナンバーは15番です。
15番といえば広島東洋カープの黒田投手。
元木選手と同じ上宮高校出身で専修大学に進み、そこから......いやこれ話し始めると終わらなくなるのでやめておきます。

ぜひ店頭でご覧ください。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

RIPIA DESK

ripia_image.jpg

新作のKIDS家具です。
モジュール式のシェルフ型収納システムと超コンパクトなデスクを組み合わせて作るシェルフデスク。
5種類の基本アイテムをつなげて、理想の形を作ることが出来ます。
親子や兄弟でスペースを柔軟にシェアすることも可能。
しかも迫力のあるオーク材を使用し、収納もたっぷり。
高校生になって本が増えても十分に対応できます。

ぜひとも店頭でご覧ください。

KIDSモニターキャンペーンは月末までですよー。
お早めにどうぞ。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

涼しくなってきましたネ。

FK-1.jpg

ちょっと涼しくなってきましたネ。
こうなるとコンビニでもおでんが販売されるようになり、フォレスタではコタツの展示が始まります。
ACTUSでロングランの人気を誇るアイテムFK-1。
エッジは無垢材を使用した正円形で突き板は老舗メーカーらしい美しい木目。
デザインも品質も間違いありません。
サイズは直径100〜120cm。120cmは在庫モデルですがそれ以外はオーダー対応なので納期がかかります。
今、ご注文頂くとちょうど寒くなるころにお届けできますよ。

あと毎年限定数販売のスウェーデンSPIRA社のコタツ布団カバーは写真の柄。
落ち着いた中にも北欧らしい大胆な柄のテキスタイルです。
こちらはなくなり次第終了となります。
お早めにどうぞ。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

完成見学会/見上げる家

IMG_8906.jpg


スタッフもいつも楽しみにしている赤土建設様の
完成見学会のスタイリングのお手伝いに行ってきました。
高い天井に大きな建具がとても印象的でタイトル通りの「見上げる家」でした。
生活を想像するのが楽しく、お施主様の人柄もあるんでしょうか
まるで自分の家のようにスタイリングをさせていただきました。

PH.jpg


ダイニングの照明にはPH5のペンダントランプをご購入。
名前の通り5枚の美しい反射板によって構成され空間全体を優しく照らしながら、
テーブルも明るく照らす機能とバランスに優れた照明です。
色合いも形もご新居にピッタリでした。

CL.jpg


とにかくいろんな物のサイズが大きく収納もたっぷり。
扉の裏側にはエプロンを掛けるフックが二つ。
ご夫婦揃って料理が得意とのことで、なんとキッチンはワイド3m越え!
ビルトインのオーブンにコンロの火力はガス以外は考えられないというこだわり。
お箸だけ持って来ますという赤土建設様の方が多数いらっしゃいました笑

とても楽しくお手伝いさせていただきました。
また、次の建築も楽しみにしています〜



posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

THE SWAN

SWAN.jpg


THE SWAN (スワンチェア)入荷しました。
デンマーク・コペンハーゲンにあるアルネ・ヤコブセンが設計したホテル、「SASロイヤルホテル」。
そのロビースペースに置くため、1958年にアルネ・ヤコブセン自身によってデザインされたのがエッグチェアやこのスワンチェア。
硬質発泡ポリウレタンを加工した画期的な手法と独特のフォルムは白鳥の羽を思わせます。
左右の立体的なアーム、全体を支える中央と先端がフラットなスターベース、「スワン」の名前はまさに羽を広げようかとする白鳥をイメージして名付けられています。
当時としてはこの直線を持たないデザインが斬新で画期的でした。

ヤコロイ.jpg

こちらが現在のラディソンSASロイヤルホテルのロビー。
コペンハーゲンに行くとインテリア好きは必ずこのホテルに立ち寄ります。
もっとコアな方にはこちら。

ヤコスイ.jpg

「アルネ・ヤコブセンの606スウィート」
建築当時のミッドセンチュリーのモダンデザインが残る606号室のヤコブセン・スウィートは宿泊しなくても空いていれば見学することも出来ます。
1960年から今も変わらない「606ルーム」。
ストライプのベッドの横には、オブジェのような、鮮やかなブルーのエッグチェア、スワンチェア、ドロップチェア。その他、AJカトラリーやステルトンのコーヒーポットなど、不朽の名作がショーケースに飾られています。
「完璧な美しさ」にこだわったヤコブセンの、究極のスウィート・ルーム。
ぜひコペンハーゲンに行かれた際はお立ち寄りください。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

バーゲンオススメアイテム ~LUXVITA~

LUXVITA.jpg
てんちょです。
年始スタートのバーゲンも本当に沢山のお客様にご来店いただきありがとうございます。
数あるバーゲン品の中でも特に売れに売れまくってるのがコチラ「LUXVITA」ソファ。
スタッフの意見も満場一致で「安くしすぎてる...」の反応。
それもそのはず、レッグに無垢のウォールナットを使用し、背クッションもフェザーがタップリ。
座面にもウレタンとフェザーが入っており座り心地も柔らかすぎずコンフォータブル。
柔らかいソファというのは一見座り心地が良さそうですが、立つのに力を要したり、クッションがヘタってくるのが早かったりで実はあんまりソファとしては良くなかったりします。
当然カバーリングタイプでカバーを取り外してドライクリーニングも可能。
カバーだけの別売りもあります。

サイズも180〜210cmまで10cm単位でオーダー可能で、カウチタイプもあります。
選べる生地も豊富です。

そして幅190cmで¥205,000 → ¥143,000-(税抜)です。ちょっとアリエナイデスヨ。
受注は1/18まで。オーダーですので納期はかかりますが、ファブリックのソファを探してる方でこの機会を逃す手はないですよ-。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

H.W.F はじめました

PICT0004.JPG

H.W.Fというシリーズの展開をはじめました。
HANDWORK FURNITUREの略で直訳すると手仕事の家具。
1950年代〜70年代にかけてデンマークで生産され、一般家庭で長く使われてきた中古品に魅力を感じる人は多く、補修作業が間に合わないほどの人気を博しています。
入荷してきた中古家具は補修が必要で、作業効率が良くないために現在では避けられている手仕事を随所に施すなど、半世紀前の作り手の思いが伝わってくるように感じられます。
日本での修理作業を繰り返したことで、当時の職人のこだわりや技術を知るとともに、効率的ではない手仕事だからこそ醸し出せる味わいがあること、そして最新のテクノロジーだけが人々の暮らしを豊かにするわけではないことを我々は学びました。
いつかは枯渇するデンマークのユーズド家具。
当時と全く同じ工程でこれらを再生産しその思いやこだわりを、現代の作り手たちによって受け継いでいく新たな取り組みがこのH.W.Fなのです。

現在店頭ではオープンシェルフとチェストのみの展開ですが、今後アイテムを増やしていく予定にしています。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

KIDS家具キャンペーン中。

FOPPISH.jpg


アクタスKIDS家具キャンペーンを店内で開催しております。
今期も8月より販売スタートいたしましたKIDS家具ですが例年以上にご好評いただいております。
新作を含めお買い得な展示現品処分品やLEDライトなどの周辺アイテムも充実。
中には数量限定でキャンペーン価格のアイテムもありますよ。
あとはなんといってもF✩✩✩✩。
もう今やインテリア業界の常識ですが、ホルムアルデヒド含有量が極めて少ない最高基準の子供家具です。
フォレスタは一般の家具はもちろんのこと、特に子供家具でF✩✩✩✩でないものは常識外という認識です。
家具を購入する際いろんなお店を見られると思いますが、家具を選ぶ選択肢の一つとして必ずご確認下さい。

そして写真は例年の一番人気「FOPPISH」デスク。
石田和人さんデザインのディテールにこだわった本格派のデスクです。

ぜひぜひお早めにご検討下さい。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

インテリアスタイリング 〜赤土建設様〜

LD (2).jpg

今回も赤土建設様よりスタイリングのお仕事のオファーいただきました。
毎回違った建築を目にすることができて、スタッフも楽しみにしているお仕事の一つです。
とにかく建築がおもしろいのでそれだけでスタッフのテンションは上がります。

階段.jpg


海外のモダン建築を彷彿とさせる物件でしたので、やはりダイニングはTECTA社のM21ダイニングテーブル。
チェアはB20ダイニングチェア。

21M.JPG


無垢のオーク材のフロアのやや無骨な感じと建物全体のモダンな感じがいい感じに融合している建築です。
そこにバウハウスを感じさせるTECTA社のアイテムは当然しっくりきます。

K.JPG


そして超モダンなキッチンにはiittala社のアイテムと敢えての和食器。
シンプルだけど個性溢れるアイテムの配置はそれだけで存在感が抜群なのです。

LION.JPG


そしてほぼほぼ毎回登場するリサ・ラーソンのアイテムたち。
特にアフリカライオンは人気です。
写真に写ってませんがソファは大きなカウチソファ。

とにかく建築がかっこいいのでそれの邪魔をしないように且つ、自分たちの個性も出せるようにスタイリングしました。

ぜひぜひ興味のある方は赤土建設様にお問い合わせください。

posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

50年の時を経て

PAPER KNIFE.jpg

店頭でひときわ目立っているのがコチラ、ペーパーナイフソファです。
このシリーズ(通称:ペーパーナイフ)のオリジナルは、デンマークのカイ・クリスチャンセン氏(1929年〜)のデザインによるもので、1956年の発表当初は、シリーズ121という名称で、デンマークのマグナス・オルセン社という木工所でチーク材とパリサンダー材の2種が生産されました。
これまで長年のあいだ生産中止の状況がつづく中、ヴィンテージ品が北欧家具ファンのあいだでわずかに出回っていただけだったのですが、約半世紀の歳月を経て、カイ・クリスチャンセン氏と日本の宮崎椅子製作所とのあいだでワークショップが行われ、ペーパーナイフ・シリーズやNo.42チェアの正規復刻品の生産が実現しました。
彼はその製造工程、椅子の仕上がりなど全てにおいて宮崎椅子製作のペーパーナイフソファを認めています。
北欧家具デザインの地位向上、そして地位確立にウェグナーらと共に尽力したカイ・クリスチャンセンが認めた現在のペーパーナイフソファ。
ぜひとも店頭でその座り心地を体験してください。

臨時休業のお知らせ
5月は社員研修の為、定休日の木曜に加えて14日(水曜日)もお休みさせて頂きます。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

ACTUS限定カラー

artek-stool60-actus-limited-01.jpg

PICT0010.jpg

これ以上ないシンプルさと機能性、さらに高い耐久性を併せ持ち、尚且つ美しい、それがこの60 STOOLです。
デザイナーは言わずと知れた歴史的なフィンランド建築家のアルヴァ・アールト。
1933年のデザインでなんと80年以上に渡って、今なお変わることなく作り続けられ、世界中の人々に愛用されています。

フィンランドを始め北欧の人々は、モノを大切にし、使い捨てることを良しとしないという国民性をもっています。
そしてさらには、安価で安易に作られた類似品とは違い、この「60 STOOL」だけが独自の「L-leg」という特殊構造を備えて作られ、これによってシンプルな木製家具ながらも、高い耐久性を保っています。
ちなみにこのスツールは組み立て式で、要する時間はわずか15分。
お客様に実際に組み立てていただくことで、簡素にして完成されたその構造の秘密をさらにご理解いただくことができます。

この耐久性ゆえにこんなプロジェクトも進んでいます。
2007年よりArtekは「2nd Cycle(セカンドサイクル)」というプロジェクトをスタートさせました。

これは学校や福祉施設、個人の自宅など、様々な場所で愛用されてきた「stool 60」を回収し、新品と交換するというもの。2007年のロンドン・デザイン・フェスティバルのために600脚の「stool 60」が回収、交換されました。
この時、回収された家具には、その家具が使われてきた場所や歴史を記録。この記録された情報は、RFIDタグ(無線ICチップ)の中に組み込まれ、イスの座面の裏側に取り付ける、というもの。この記録チップが取り付けられた家具は、再び販売され、新しい家具の物語りを作るために旅だってゆきました。
このRFIDタグは携帯電話(フィンランド国内のみ)やインターネットから情報の閲覧や書き込みが可能で、これまでそのイスが歩んできた道のり、物語りを知ることができるだけでなく、新たなオーナーとなった自分自身のストーリーを書き込むことができるわけです。

そんな名作家具のアクタス限定カラーは3色。
ぜひぜひこの機会に手に入れてみてください。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

ACTUS × マルニ木工

ぶるまん.jpg

話題の「AOYAMA」入荷しております。
マルニ木工とACTUSが手がけるこの「AOYAMA」シリーズはプロダクトデザイナーに深澤直人氏を迎え「日本の定番として永く愛される家具」というコンセプトに基づき製作されました。
普遍的で主張しすぎない、まさに日本の定番にふさわしいデザインです。
最近ではウォールナットが主流のインテリア業界ですが、あえてヨーロピアンビーチ(ドイツより最も等級の優れたものを輸入)使用し、その質感にとことんこだわっています。
AOYAMAチェアに関しては座っていただくのが一番なのですが、人間工学で良いとされている背もたれの角度よりも若干背を寝かせており、包み込まれる安心感とともに「くつろぎ」に重点を置いたチェアです。
座面はとにかく薄く浮いているようなデザインで心地よい「浮遊感」を演出しています。
また一般的な家具は区分Bというカテゴリーに属していますが、このAOYAMAは区分C。
貫の先に木ピンを入れているのでかなりの強度があり、静的強度試験をすべてパスした、レストランやカフェなどのコントラクトでも対応できる強度を持っています。

ぶるまん2.jpg

またテーブルは1500〜2000mmの間で100mmピッチでオーダー対応が可能。
この独特なオーバル(楕円)の形がインテリア心をくすぐりますが、天板の側面もきっちりアールに加工されており、使用する人により安心感を与えます。
ダイニングテーブルでよくある幕板を極力見せないデザインになっており、これもチェア同様「浮遊感」を演出するためのデザインです。

こだわった部分はまだまだあるのですが、それはご来店いただいてスタッフから直接お聞きいただくということで。。。

注:本日は臨時定休日です。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Furniture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お得なメルマガ会員募集中
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。