2018年07月13日

1枚の板からノミと金槌だけで

少し前のことになりますが、我谷盆作りを体験しました。

1.jpg

我谷盆とは「丸ノミで平行線を鮮明に刻みつけた素朴で美しいお盆」
我谷は石川県山中町にあった我谷ダムの建設により水没した町の名前からきています。この地域ならではの栗の木を使用した普段使いされる身近な生活道具のひとつです。町がなくなったことにより伝統を受け継ぐ人がいなくなっていく中、今もこの技法を続けられている森口信一さんに教えていただくことができました。

2.jpg

まずは枠を残して1cm程の深さに削っていきます。
単純な工程なのですが、いざやってみると、ノミも金槌も使い慣れていないので思うように削れません。固い栗の木をとにかく削って削って、削ることに集中します。

3.jpg

気付けばあたりが薄暗く、そんな頃にようやく完成しました。
1枚の板からノミと金槌だけで削っていくことは想像以上に大変な作業です。
同じ作業を繰り返すので根気と体力勝負。
物が生まれる過程を経験することで大変さが身に沁み、大事にしなければという思いが強くなります。物の価値を知る貴重な体験でした。

こんな貴重な体験をさせて頂いたのは奈良市にある空櫁さん
店主こだわりのアイテムが並ぶ大好きなお店です。
7/11のブログで紹介したパンドゥキュイソンと合わせて、ぜひまた訪れたいと思います。














posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

所用で奈良に、、、

先日ちょっと所用で奈良に行った時のお話。
折角奈良までの来たのだから寄り道しようとまず訪れたのが「パンドゥキュイソン」さん。
IMG_6286.jpg

そうです。先日バーゲンの際にFORESTAに出店していただいたパン屋さん。
JR郡山駅のすぐそばにあります。夕方でしたがお礼も兼ねてお邪魔しました。
時間が遅かったのもありパンは少なめでしたが自宅用にゲット。(バーゲンの時は売り切れで買えませんでしたから)
IMG_6270.jpg

このカスクルート美味しかったなあ。チキンとジェノベーゼのカスクルートは最高でした。
オーナーさんともお話しできてヨカッタです。お客様にもとても喜んでいただけたので来年もオファーしようかと思っています。
大和郡山に行かれた際にはぜひ。

IMG_6276.jpg

そして奈良といえばどうしても飲みたかったお酒、油長酒造の「風の森」。生酒で原酒で無濾過のお酒。噂に聞いていた銘酒です。
風の森を醸す油長酒造は、県下でも比較的大きな蔵でこれまでは、普通酒を中心に造ってきましたが、本物の酒を造るべき吟醸酒専用の平成蔵を建設し平成10年(1998年)4月より「風の森」の発売を開始。原料米は、山田錦や雄町、また奈良県唯一の酒造好適米の露葉風や風の森好適米と言われる秋津穂等を使用。そして真中採りや笊籬採りさらに氷結採りなど、独自の上槽方法を用いる事で、イキイキとした個性溢れる日本酒を生み出しています。
また企業風土としても老舗であるにもかかわらず、入社間もない畑違いの人材を杜氏と研究員に抜擢し、この新たなブランド「風の森」を作り出したとのこと。
最大の特徴はわずかに残る発酵時の炭酸ガス。とにかく微生物の管理がしっかりされているそうで、自然発酵の炭酸ガスと甘味と香りが、それはもう至福の時間を与えてくれます。
IMG_6279.jpg

いやあ美味しいです、ホントに美味しい。
和歌山もお酒が美味しいですが、全く違った新たな日本酒を飲んでいるようでした。
折角いいお酒を買ったので器はiittalaのSAKEタンブラー。こんな時しか我が家では出番がありません。

IMG_6274.jpg

アテは奈良名物「柿の葉寿司」。
ベタですが日本酒にはよく合います。

こちらもぜひ奈良に行かれた際はご賞味ください。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

毎日、旬のものをおいしくいただく

IMG_0294.jpg

先日のこと。
仲良くさせていただいているお客様と神戸まで。
以前から話題にしていたEAT LOCAL KOBE FARMERS MARKETへ。
「地産地消をもっと日常に」というコンセプトのもとに始まったマーケット。
地元の様々な農水産物をほぼ毎週土曜日に三宮の東遊園地の木の下で販売されています。

IMG_0293.jpg

直接農家さんと会話をしながら購入できるのはうれしいこと。
消費者側としては生産者の顔が見えることはとても安心感があります。
旬のものを教えてもらいながら、美味しい食べ方を教えてもらいながら。

IMG_0292.jpg

となりの芝生が広がる公園でのんびりと。
いろんな所に絵本や子供のおもちゃもあり自由に過ごしながら。

IMG_0347.jpg

最近はリアルショップもできており、
農作物・海産物からお菓子やパンなどが毎日買えるように。
作る人も使う農産物も日々その日に合わせて用意されるランチもおすすめです。
身近にこんなところがあるとうれしいですね。

個人的にはARUKUTORIのチーズケーキがおいしいです。
神戸にも行かれることがありましたら、ぜひ。


posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

スタッフもーりーの愛犬事情

IMG_20170412_012722_402.jpg


こんにちは。
愛犬家でおなじみのスタッフもーりーです。

ブログにも何度か登場させて頂いてる私の愛犬、とっても可愛いチワワのviviとanneですが
この度なんと、我が家の愛犬が4匹になりましたー!(笑)

というのも、友達が半年間の東京出張になり、愛犬を連れて行けないということで頼まれ、半年間お預かりすることになりました。

NCM_1910.JPG


スムースチワワのピカちゃんとチワックス?であろう、プレシャスちゃん。
なんとこの二人(二匹)、アメリカ生まれのアメリカ育ち。半年前に飛行機に乗って日本上陸したばかりの帰国子女です。
なので叱る時は、「ダメ!」と叱るより「NOー!」と言うほうが効き目があります。
でもNOー!はちょっと恥ずかしいですね(笑)


休みの日には、たまーにフォレスタにもお散歩に来ています(笑)
犬好きのてんちょをはじめ、皆さんに可愛がってもらってます。

犬好きスタッフ。
ぶろぐもり.JPG


犬好きボス。
NCM_1919.JPG



犬好きラスボス。
NCM_1917.JPG



4匹、仲良くなるまで1か月近くかかりました。今も仲良しとまではいかず…(笑)
時々急にケンカが始まるので目が離せません。
毎日のお散歩も大変ですが、いざ半年経って帰ってしまったら寂しいんだろうなー…と早くもペットロスです。

今年いっぱい4匹いる間に、ドッグラン貸し切りで思いっきり走らせてあげたいな、と計画中です。
またその時はブログでご報告させていただきます!
乞うご期待!

〜お知らせ〜
6/20(水)は社員研修のため、通常の木曜日に加えて臨時定休日とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

てんちょの東京出張編

ACTUSの新作展示会がありちょっと東京まで。
出張でてんちょがどんなところへ訪れているかご興味ある方はぜひ最後まで。

4.jpg

朝早い飛行機で出発です。
まだ元気なときなので颯爽と飛行機に向かう
小石田純一風のてんちょ
しかし会場の新宿までの移動時間は4時間・・
ですが到着後すぐさま新作の厳しいチェックが始まるのです。

11.jpg

いつものことながら詳細はお知らせできませんのでご案内はこちらのみ。
この時期からクリスマス商材が決定します。
他のアイテムも随時入荷していきますのでぜひ楽しみにお待ちください。

あらゆるアイテムをチェックし終え
気づけば関空を出発してから12時間フル稼働。
となればさすがにてんちょも・・

13.jpg

しっかり夜の街へと繰り出します。

12.jpg

行きたいお店があったようですね。
落ち込むこともあるんです(笑)
夜もしっかりフル稼働した翌日はスタッフが行きたいところへ材木の町、新木場へ

新木場は江戸時代から卸問屋や製材所など木の文化が根付く町です。
古い銘木倉庫をリノベーションしたショップ「CASICA」へ

9.jpg

様々な時代のものがあふれる空間。
昔のままの端材などが再利用されています。

10.jpg

カフェもあります。

7.jpg

さて、今回訪れた目的は「木彫りの熊」
あの鮭を咥えている熊です。
木彫りの熊といえば昭和の家の玄関には一家にひとつのイメージですが、きっかけはスイスで購入した木彫りの熊を徳川家がまねて作らせたものが最初だそうです。
その後時を経て北海道観光ブームに合わせて安価で大量生産されたお土産ものが世に出回るようになったのです。
そんな中でも数少ない有名な方の熊彫りはとても価値のあるものもあったりします。
表情も毛並みも様々で新しい居場所を待っている熊たちがずらりとならんでおり、見ごたえたっぷりな熊を後に次に向かった先は銀座です。

2.jpg

「ダンスクムーベルギャラリー」
曲線が綺麗なエッグチェアの張地はアザラシ。
規制のかかっているアザラシの革はいつでもあるものではなく、オファーして特別に作られたものです。


3.jpg

鬼才と言われたデザイナー「ポール・ケアホルム」

フリッツ・ハンセンをはじめここでしか見ることができないアイテムを日本の一点モノの芸術品と合わせるなどスタッフの方のこだわりの組み合わせでセッティングされているのがとても印象的でした。

1.jpg

カイ・クリスチャンセンのサイドテーブルに食いつくてんちょ。

こちらのビルの1Fにはビンテージ家具を扱うショップも入っておりフィン・ユールの意外な人間関係など興味深い話なども聞くことができました。

さあ、時間が経つのはあっという間。
盛りだくさんな2日間で、いまだに疲れが取れないてんちょ。
週末は「Finland Weeks in WAKAYAMA」の北欧イベントが控えているんですけど。





posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

EXPO'70

IMG_8704.jpg

1970年に開催された日本万国博覧会、通称大阪万博。
シンボルとして作られた太陽の塔が生まれ変わり48年ぶりに内部公開が始まりました。
内部公開がメディアで取り上げられてからは太陽の塔の見学予約が殺到しており予約が取りずらい状況になっています。

様々な万博が世界中で開催されていますが、なぜか今の時代でもとても魅力的な大阪万博。
開催からこれだけの年月が経過しているにもかかわらず当時のパビリオンや展示方法などは今でも見劣りしません。やはり多くの人々を惹きつける何かがあるんでしょうか。

IMG_8815.jpg

さて、この太陽の塔の近くにパビリオンが残っているのはご存知でしょうか。
鉄筋コンクリートに囲まれ当時は最新の音響設備が整ったパビリオン「鉄鋼館」前川國男氏のプロデュースです。

IMG_8848.jpg

建物内部には1008個のスピーカーがあらゆるところに配置され、音と光が駆け巡りホール全体が巨大な楽器に例えられたようです。

IMG_8856.jpg

現在、鉄鋼館は万博の記念館「EXPO’70パビリオン」としてたくさんの資料と当時を体感できる展示になっており太陽の塔と合わせて行くことでより大阪万博を楽しむことができるのでお勧めの場所です。

ちなみに音楽ホール以外は真っ赤です。

IMG_8916.JPG


IMG_8939.JPG


IMG_8910.jpg

ソ連の建築家が設計した渦巻都市やエキスポタワー。
近未来な都市は想像するだけでワクワクします。

大阪万博の全てがぎゅっと詰めこまれた空間をぜひ体感してみてください。

IMG_8933.JPG

もちろん座れますよ。


posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

台湾是一个有趣的城市

IMG_5397.jpg

てんちょです。先日台北に行っておりました。
台湾雑貨を集めてPOP UP STOREやりたいなと思いまして、、、
その話は置いといてベタな台北も見てきました。
上の写真は台湾の大型書店チェーンである誠品書店グループのホテル。
雑誌ではよく拝見してましたが、実物は意外とこじんまりな印象(失礼)
もっと広いスペースなのかと思っておりました。しかしながら本の量とインテリアは圧巻です。

IMG_5403.jpg

こちらは書店兼ブックカフェ(Yue Yue Bookstores)
こだわった本の品揃えとコーヒースタンドとギャラリーが融合した書店。外観もキレイでした。

IMG_5390.jpg

夜市とか、、

IMG_5402.jpg

地元民に混ざっての食堂とか、

麺.jpg

地元の若者でいっぱいの2時間待ちのまぜそばとか、(右上はアヒルの血を固めたもの)←まぜそばは美味しいですが血は美味しいわけではないです

IMG_5404.jpg


入ってないけどワンピースのレストランとか、、(知らなかったんですが日本にもあるらしいですね)

IMG_5406.jpg

この雑貨屋さんは良かった。
日本でも取り扱いの多いアイテムも多かったけど、店のたたずまいと、置いてるアイテムに統一感があり、若者も(旅行者?)多かったです。

実は10年ぶりぐらいに台湾を訪れたのですが、やっぱりご飯が美味しくて、日式のものも多くて、人はとっても優しくて、建築も面白くて、ちょっとだけ日本語も通じて、楽しい場所でした。
行きの飛行機はチャイナエアラインのB-777 300ERだったのですが、超絶快適で、見れる映画も多くて、機内食も美味しくて、ホントにまた行きたいと思いました。
1年以内には台中と台南とか高雄も訪れて、いつかはPOP UP STOREやりたいと思います。

我玩得很开心,所以我一定会再次访问台湾!←合ってるんかいな。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

ブログ1回休みの度に登場するボステリ総集編。

IMG_5092.jpg

今年は特に花粉症がヒドイてんちょです。
ちょっとまだバタバタしておりブログ1回休もうと思ったのですが、スタッフの「また休むんですか?」との言葉に奮起して、ただの愛犬自慢の回にしてやりました。

さて先日、久々に雪が積もったのでいつも散歩に出かける、とある山へ犬連れで行って参りました。
最近携帯を変えたばかりなので(以前はiPhone 5Sだった)すこぶるカメラと充電池の調子が良く、愛犬を取りまくっております。普段雪なんか積もらない南国ですので我が愛犬も大喜び。

IMG_5097.jpg

寒がりなクセに意外と雪好きみたいではしゃいでおります。
雨も散歩も嫌いなのに。。。

雨上がりの散歩はいつもこんな顔。
IMG_5147.jpg
めちゃめちゃ嫌そうな顔をしてなかなか歩いてくれません。
まあかわいいからいいんですけど。

さてこのカメラアプリはFocosというもの。
なかなかのクオリティと使いやすさで普段あんまり写真撮らない私もついついカメラ構えてしまいます。
あ、あと犬好きの方はスティーブン・スピルハンバーグをお勧めします。
ググってみて下さい。犬愛に溢れたおもしろ4コマ漫画が読めますので。

ではでは。
週末にはまた新たな企画も開催しますー。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

ACTUSのあのチェアに座って

最近、近くにオープンした「音工房」さん
あのチェアに座りたくて行ってきました。
あのチェアは扉を開けると真正面に並んでいます。

さて、あのチェアとは・・・
アクタスのオリジナルチェア「HORSE SHOE」のアームチェア。

FullSizeR.jpg

なめらかなアームの曲線が並ぶ空間に思わず見入ってしまいます。
ベトナムで保存されていた稀少材のマホガニー材を使用し、深みのある色合いが落ち着いた空間に馴染んでいました。
ゆったりと大きなレザーの座面に座ってのんびりコーヒーをいただく時間はとても贅沢な時間です。

IMG_7343.jpg

器にもこだわられているようで店名の音楽だけではない様々なこだわりがあちらこちらに。

1.jpg

たくさんの本も置かれています。
店主は多趣味なのでしょうか。
いろんな専門誌があります。

IMG_7336.jpg

子供のころ大好きだったエルマーのぼうけんシリーズまで!懐かしい!

ついお昼休憩中という事を忘れて長居してしまいそうになる居心地のよい場所でした。
コーヒーはもちろんモーニングやランチにおすすめです。
とくに入って真正面のカウンター席にぜひ!

実はチェアは上から見ると馬蹄型に見えます。
ホースシューと名付けられた由来ですので座る前に上からもチェックしてみて下さい。

posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

お寿司パーリーにお招きいただきました

IMG_4822.jpg

この日は常連のI様がご自宅にスタッフをお招きいただき、賑やかな寿司パーリーナイトでした。
数年前から本当によくご来店いただいており、FORESTAで少しづつ家具を揃えて頂きました。
なんだかんだでソファからカップボード、ラグ、ベッド、照明、グリーンに至るまでお買い求めいただきました。
それから小物雑貨もお好きで、北欧食器や家電、iittalaのバードまで。
写真に写っているのはグスタフスベリのプレートに、アクタスのマメザラ、リサラーソンの箸置きです。
そんなI様邸で2回目となる寿司パーリーナイト。

IMG_4820.jpg
とにかくこの江戸銀さんのお寿司が美味しいんです。
しかもからすみまでご用意して頂き、至福のヒトトキでした。
からすみも珍しいという生からすみを頂きましたが、空前絶後の美味しさ。
お酒もすすみ楽しい宴となりました。

I様本当に有難うございました。
またのご来店スタッフ一同心よりお待ちいたしております。
コタツの方もぜひに、、、、、
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

シャーメゾンでディスプレイ

IMG_7237.jpg


いつも楽しいインテリアコーディネートのお仕事。
今回は積水ハウスさま、シャーメゾンのモデルルームのディスプレイをさせて頂きました。

IMG_7223.jpg


IMG_7224.jpg

今回搬入させて頂いた家具は少しヴィンテージ感のあるカジュアルライン。
ウォールナットにブラックアイアンがアクセントになっています。

1510554918661.jpg


家具に合わせてテーブルディスプレイもヴィンテージ感を出しつつ、
高級感もプラスしました。
KAHLERのフラワーベースは一つあるだけで存在感、ディスプレイ映えが抜群です。

1510554909862.jpg


カップボードはオープンシェルフタイプで、食器のディスプレイも楽しめます。
お気に入りのマグやプレートを置くだけでお洒落なキッチンになって、家事も楽しくなりそうです。

IMG_7221.jpg


ソファでゆったりくつろいでいるのは積水ハウスさま営業さん。
写真のモデルになって頂きました(笑)

いつもコーディネートさせて頂くお家やお部屋は
内覧会の2.3日間だけ、というのがほとんどなのですが
今回のこのお部屋は1年間モデルルームとして使用するそうなので
コーディネートに使用した家具や小物のディスプレイも、お部屋と一緒に
1年間いつでも見て頂くことが出来ます。

見に行かれる機会があれば、ぜひご自宅のディスプレイの参考にして頂けると嬉しいです。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

ACTUS新作展示会

先日行われたアクタスの新作展示会のご報告。
いつものように詳しいことはお伝えできませんが、今回は心地のよい空間を提案するための3つのポイントを季節に合わせて順に提案していく予定となっています。

キッチンにいつも何気に置いてあるマグがお気に入りのモノに変わる。
それだけで気分が変わり、家族の会話が増えるきっかけになればとても幸せなこと。
モノを買う意味や背景が伝わるお店作りができればという思いで来年の春夏に向けた新しいアイテムをチェックしてきています。

ぜひ楽しみにお待ちください。

IMG_7181.jpg

また、今回は日本とデンマークの国交樹立150周年にあたる年ということもあり青山本店では「フリッツ・ハンセンの歴史展」が開催されていました。
デンマークの皇太子が立ち寄られるほどの貴重な所蔵品の数々が展示されています。

IMG_7192.jpg

1872年に初めて誕生したファーストチェアはフリッツハンセンの代名詞ともなる成形合板を使った製品が世に出た最初のチェアです。
こんな貴重なチェアが今も大切に保管されていることに驚きです。

IMG_7172.jpg

コストがかかりすぎて製品化されなかったポール・ケアホルムのスミスチェア(右)やウェグナーの代表作でもあるエルボーチェア(左)も最初はフリッツハンセンから生まれました。

IMG_7195.jpg

デンマーク本社に所蔵されているアーカイブが国外で展示されることは初めて。
本国のミュージアムでも見ることが出来ないものもありほんとに貴重な機会でした。
会期は残り僅かですが11月15日までご覧になれますよ。



ラベル:ACTUS
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

今年もARCADE

1508901171227 (2).jpg


さあ、待ちに待ったARCADEです。
残念ながら生憎の大雨。台風も近づいているということで
二日目の開催は中止になってしまいましたが、初日は大雨の中
沢山のお客様にご来場頂きました。

IMG_4639.jpg


IMG_4631.jpg


インテリアや雑貨、FOODやファッションのブースまで今年も様々なSHOPが出店しており
居るだけでなんだか楽しくなる空間です。
何もない場所に2日間限定で出現するっていうのも、なんか凄いですよね。

今年はこんなに大きなピザ窯も登場。
そしてこのPIZZAがまた美味しい!

IMG_4640.jpg


NCM_1313.jpg


フォレスタの売場もARCADEに合わせて、スタッフ皆でアイテムを厳選しました。
FORESTAカレー部のパッケージがとてもお洒落なカレーや
オススメのFABLICIAカーテン、秋冬にカラーチェンジしたグリーンやフラワー。

IMG_2905 (2).JPG


IMG_4633.jpg


大雨の中、元スタッフのエース君も差し入れを持って駆けつけてくれました。
出店していたFLORESTAさんのドーナツ。
皆で美味しく頂きました。

1508902993962.jpg


夜は9時まで開催。
結局夜まで雨が上がることはなかったですが、ライトアップされた夜のARCADEも
昼間とはまた違う雰囲気があって、いい感じでした。

1508901166198.jpg


NCM_1340 (2).JPG


お酒が呑めるともっと楽しいんだろうなー・・・と思う
呑めないスタッフもーりーでした。





posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

エアバス最新機 A350XWBに乗ってみた

飛行機大好きてんちょです。
今回は飛行機のお話。マニアックなので興味のない方はスルーしてください。
IMG_2666.jpg


先月FINNAIRにてヘルシンキを訪れましたがその際に搭乗したのがこのエアバス社の最新機A350XWB。
ご存知の通り飛行機メーカーの大手はボーイング社とエアバス社。
前者の最新機はB787というカーボン素材を使用した超燃費効率のいい機体。国内ではANAも飛んでます。
一方コチラはエアバス社。XWBとはエクストラワイドボディという横幅6mもある広い機体。
こちらも機体の素材に炭素繊維複合材(カーボン素材)を使用し、客室を広げるなど、数多くの最新かつ革新的な設計により製造された中型のワイドボディ旅客機です。
機体の約53%にカーボン素材が使われ、チタンや最新アルミ合金を含めた新しい素材の使用率は機体の70%に及びますので機内の快適性向上に大きく貢献しています。
A350ではカーボン素材を多用することで6,000フィート(約1,800m)に相当する気圧まで上げることができ、より地上に近い快適な機内環境をつくり出しています。
つまり飛行機特有の耳詰まりや手足のむくみなどが軽減されるなど、体にかかる負担がより軽くり快適に空の旅を楽しむことができるのです。

IMG_5737.jpg


また機内の窓は今までのエアバス機の中で最も大きくなり、総2階建ての大型機A380よりも広い。
そのため外光が入りやすく、日中の機内はとても明るいのです。←これ凄かったです。
それから客室の手荷物棚もかなりの大きさ。自分の席の真上にある棚にスペースがないと、離れた棚に荷物を入れることになり何かと不便ですが、A350の場合、客室両端の棚はスペースひとつあたりに、機内持ち込み可能な最大サイズのキャスター付きスーツケースを5個収容でき、中央側の棚は同サイズのスーツケースを3個と中型のバッグ2個が入ります。

また衛生面もすばらしく、バクテリアや有機化合物、オゾンなどを吸収・除去する空気清浄フィルターが設置され、換気は2〜3分ごとに行われます。
従来の金属中心に設計された旅客機は腐食を防ぐために常に換気しておく必要がありましたが、その換気とは違い、空気を清潔に保つ目的があります。

最新機なのでFREE−wifiやオンデマンドは当たり前。
照明もオーロラをイメージした柔らかな光でとにかく快適に過ごすことができます。

地上とさほど変わらない環境で、またロールスロイス製のエンジンも他の機体に比べて静かで、USBも完備しているA350XWBにの乗って、ぜひヘルシンキへお出かけください!!
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

Design Excellence Award受賞のコースター

グッドデザイン賞と連携関係にあるタイのデザイン賞、
「Design Excellence Award」を受賞したコースターです。

PICT0005.JPG


特別な多孔性陶器からできている、水を吸収するコースターです。
水分を吸収し、自然に蒸発してくれる素材なので、水がテーブルに漏れる心配がありません。
その上、底面にはゴムパッキンがついているので、テーブルなどが傷つかないように保護されています。
タイの職人さんがハンドメイドで作っているため、
一枚一枚、色合いや模様などが少し違うところも素敵です。

PICT0003.JPG


ぜひ店頭で手に取って見て下さい。
ご来店をお待ちしております。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

てんちょの超絶オススメのお店

IMG_4457.jpg

ヘルシンキデザインウィークより戻ってまいりましたてんちょです。
さて超絶にオススメしたいお店がありますのでご紹介します。
Rataskaevu 16というお店。
アクセスは和歌山市内からだと、、、、
ひとまずKIX(関空)に行って、フィンエアのヘルシンキ行きで約10時間。
そこからシティバスで中央駅で降りて、エスプラナディ通りをiittalaやMARIMEKKOに寄り道しながら港方面へぶらぶら歩く事25分。
高速船のRED LINEに乗り込んで約1.5時間でエストニアのタリンに到着しますのでそこから旧市街に向かって徒歩約15分で着きます。

IMG_4458.jpg

とにかく内装が超タイプ。
古くからのものを継承しながら永く使う文化のあるヨーロッパ独特の雰囲気で、昔からあったように経年変化を表面上作り込んだ日本のお店とは全く迫力が違います。


もちろんインテリアもすばらしく、インテリアショップスタッフから見ても唸らされるインテリアです。

IMG_4458.jpg

そして何よりイケメンスタッフの丁寧な接客。←サービス業やってますとここが一番大事。
海外に行くと不愛想なスタッフをよく目にしますが、こちらの接客レベルは素晴らしいの一言。
みんな楽しそうにしているし、「オススメは?」と聞いてもそれぞれの説明を事細かくしてくれた後で「僕のオススメはこれだよ」ときっちり笑顔で教えてくれます。
そりゃ予約しないとなかなか入れないのも頷けます。

IMG_4488.png

しかも料理がとーーーーーーっても美味しい。
まあ環境で味なんか変わりますから、前述の接客やインテリア等でテンションは上がっているものの、とにかく美味しい。
ガーリックが入ったブレッドも超美味しくて、イケメン店員さんが「味はどうだった?もっと食べるかい?」とススメてくれます。
エストニアのクラフトビールも超美味しくて、ここは外せないお店です。
タリンに行かれた際にはぜひ予約を!

Rataskaevu 16 →→→ HPはコチラ
Open: Mon-Thu 12.00-23.00, Fri-Sat 12.00-24.00, Sun 12.00-23.00
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

納品事例の裏側に潜入!!

みなさまが気に入って選んでいただいた家具を
私たちは大切にお客様の元へとお届けしています。
知らない運送会社の方が運んでこられると思っている方がほとんどで販売スタッフの私たちがお伺いするとみなさまとても驚かれます。

お客様と一緒に選んだテーブルやソファ、
色やサイズが合っているかどうか私たちもとても気になるところ。
買っていただいた商品を最後まで見届け
お客様の声を聞くことができるのは私たちにとっても勉強になります。

時には気に入ったけれど搬入が困難・・・なんていうことも
これ実はよくあることなのです。

そこで私たちが全力でお届けしている納品の裏側に潜入してみました。

搬入困難なことが一番多いのはなんといってもソファ。
重量もありサイズが大きくマンションのエレベーターに乗らないことも。
そんなときは高層マンションの最上階でも人力で運びます。

IMG_5476.jpg

サイズが大きいと広い外階段でもギリギリ・・・

IMG_5474.jpg

力があるだけではうまく運べません。
商品にキズが付かないように曲がる角度や向きを計算しながら慎重に。

FullSizeR.jpg

部屋の中が広くても扉が小さく入らないことも。
絶妙な角度で搬入していきます。
それに合わせててんちょーの角度も絶妙に(笑)

IMG_5483.jpg

この日はLYKKEソファの納品でした。
なめらかで柔らかなレザーはFREDERICIA社も認める最高級なもの。
無事にお届けできお客様の元へ。

IMG_6174.jpg

搬入の方法はその時々によって様々。
戸建ての場合は外階段がないので吊上げです。
大きなトラックやユニック車が入らないような場所など
大変な納品もありますがお客様に喜んで頂ければ
それですべてオッケーなのです。
これからもみなさまに選んでいただいた家具を大切にお運びします。

以上、普段見ることができない納品事例の裏側でした。


posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

フルバの夏のお出かけブログ!

お休みに滋賀県に遊びに行ってきましたー!
自然豊かな素晴らしい所で和歌山県とどことなく似ている気がして勝手に親近感が湧いてました。
比叡山延暦寺や琵琶湖大橋を観光してずっと行きたかったラコリーナ近江八幡に。
屋根全体が芝生で覆われているジブリに出てきそうな可愛い建物が並んでいて自分自身が絵本の中にいるような気分にさせてくれます。

FullSizeRender.jpg


6FullSizeRender.jpg


3FullSizeRender.jpg


バームクーヘンで有名なクラブハリエがあり、
職人さんが目の前でお菓子を仕上げる「できたて工房」が併設されていてバームクーヘンを作る工程を見れます。しかも焼きたてのふわふわのバームクーヘンが買えちゃいます。

4FullSizeRender.jpg


緑に囲まれて空気が綺麗でそんな空間にめちゃめちゃ癒されましたぁ。

5FullSizeRender.jpg


近江八幡には古い街並みを散策したりアートミュージアムなど観光スポットが他にもたくさんあるみたいなのでまた機会を作って遊びに行こうと思います。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

楽しくて大好きな仕事

梅雨シーズンなのに雨が降らなくて嬉しいフルバです。

先日、上富田町南紀の台にある積水ハウス様のインテリアコーディネートのお仕事に行ってきました。
今回も二棟の内装の色味が全く異なるお家のコーディネートです。


まずは明るい色味を使ったナチュラルテイストの物件です。

IMG_3917.jpg


IMG_3916.jpg


MIRAソファにフリンジのついたBUCOLICのクッションカバーがお部屋の雰囲気にピッタリです。

IMG_3909.jpg


キッチンカウンターのクロスとダイニングテーブル・チェアの雰囲気がピッタリ合ってますね。

次は、床や建具の色がウォールナット材を使用した物件です。

IMG_3892.jpg


IMG_3890.jpg


カッコいいですね。
ACTUSFBのソファとKILIMラグが部屋の雰囲気にピッタリです。

家具の搬入時、店長が大変なことになってました。

IMG_5169.jpg


モーリーさんの表情!(笑)
決してふざけていませんよ!
皆、真剣に仕事してますから!!!

IMG_5188.jpg


このお仕事はまずお店で物件の図面を見ながらだいたいのコーディネートを作っていくのですが当日、物件の中に入って雰囲気を見ながら180度違うコーディネートになったりします。
個人的に他のインテリアショップやお店に買い物に行った時にコーディネートを見る癖が付きました。
完全に職業病ですね。(笑)
次のインテリアコーディネートのお仕事まだかなー?
建築関係の皆様、オファーお待ちしております。
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

和歌山の夜景

工場萌えと言う言葉ご存知でしょうか?

「工場に萌え??」という方が大半でしょうが、24時間365日休まず稼働し続け、我々の暮らしに欠かせない何かを作り続けてくれる工場、大体郊外にあって普段中々見ることのない、お昼に見ても何も気に留めない工場ですが夜に見ると昼間見る景色から一変するのです!

IMG_1374.JPG

ね?萌えでしょ?(笑)

ここは有田市初島町にある東燃ゼネラル和歌山工場。和歌山市内から車で40分ぐらいで見る事のできる景色に癒されてきました。

和歌山ではなかなか都会で見るような夜景とは出会えませんが、ここはホント綺麗でした!

近くにある山から撮影したのですが中々の悪路で道も細くて大変でしたが一見の価値アリです!

是非行ってみて下さいね。

*僕の拙い写真では魅力が伝わらなかった人はinstagramで#東燃ゼネラルで検索してみて下さい。ビックリするような写真で満載ですよ!
posted by foresta at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お得なメルマガ会員募集中
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。